ナース人材バンクで憧れの仕事を探してみよう

ナース

快適な職場

先生

3つの看護師転職支援と違い

看護師の転職を支援するサービスには大きく分けて3つのものが存在します。この3つはそれぞれ利用方法が異なるものとなっています。一つ目は、公的機関であるハローワークです。自らがハローワークへ出向き地域に執着した医療機関の求人を見つけるものとなります。二つ目は、看護師転職支援サイトによるものです。サイト利用には登録が必要となりますが、専門のコンサルタントが気になる求人紹介や面接同行、さらには求人条件交渉など行ってくれます。ハローワークと異なる点は、自らの希望や意思を主体に、コンサルタントが行動してくれる特徴があります。三つ目に、看護協会が手掛ける支援です。都道府県の指定を受けている為、より多くの地域求人を取り扱っている支援団体となります。こちらも登録制となっており、コンサルタントによって紹介が行われます。ただし、面接や交渉などは自身によって行動を行わなければならない違いがあります。

それぞれ転職支援利用の目的

看護師における転職先探しで最もスタンダードなものはハローワークになります。足を運べばその場で情報が見る事が可能となり、次のアクションを行いやすい特徴があります。一日でも早く転職先を見つけたいという看護師にはうってつけの利用となります。また、万一就職先が見つからなかったとしても失業手当の支給制度が利用できるので保険として意義あるものとなります。転職支援サイトでは、非公開の求人・人気ある求人・条件によって求人を探すなど細かな検索が在宅において可能となります。自身に適した職場探しをゆっくり検討しながら、コンサルタントのバックアップによってより確実に就職活動を行いたい看護師に人気が高いものとなっています。看護協会の転職支援は、看護師などの人材確保の促進に関する法律に基づき設置されたものです。ハローワークのバックアップ的存在となっており、転職支援サイトのように効率良い情報収集が可能となります。情報の利益を生み出すものとして多くの看護師に利用されています。